Top > 政治 > 辺野古移設で日米が大筋合意

辺野古移設で日米が大筋合意

普天間基地の移設問題がなかなか解決しませんが、日米で大筋合意したそうです。


米軍普天間飛行場移設問題で日米両政府は22日、外務・防衛担当の実務者協議で大筋合意に達しました。


代替滑走路をキャンプ・シュワブ沿岸部に建設するとともに、在沖縄米軍の基地機能の県外への分散移転を検討するそうです。


滑走路の工法などは継続協議とし、秋までに結論を出す内容で、これを踏まえ、鳩山由紀夫首相は23日に沖縄県を再度訪問し、県内移設へ理解を求めるとのこと。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

辺野古移設で日米が大筋合意

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://wardrobe.parallel.jp/mt/mt-tb.cgi/72

コメントする

政治

関連エントリー
民主に広がる連立組み替え論仙谷官房長官 日韓戦後処理は不十分って・・・民主、過半数割れに危機感蓮舫大臣が「2位」発言を修正社民党 鳩山政権と一定の距離置く 連立離脱郵政法案 小沢氏が成立を確約辺野古移設で日米が大筋合意沖縄県議の要請 徳之島が拒否英新首相 保守党キャメロン氏ブラウン英首相 党首辞任表明米 普天間問題で前原氏に期待民主党 子ども手当「満額」明記へ 小沢氏起訴相当 民主に危機感 検察審査会で不起訴相当で首相「何も言わない」 松野明美さんが市議に初当選 中国ヘリがまた海自艦に近接